x

作品名で探す

アーティスト名で探す

Argonavis

2020年08月20日

【「ブシロードミュージックパスポート」オープン記念】Argonavis・伊藤昌弘さん「Starry Line」インタビュー公開!

「ARGONAVIS from BanG Dream!」から生まれたボーイズバンド「Argonavis」。 TVアニメ「アルゴナビス from BanG Dream!」も放送され、遂に彼らの1stアルバム『Starry Line』が8月12日(水)にリリースされた。 今回はボーカル七星 蓮役、伊藤昌弘さんへのインタビューを行い、彼の楽曲やArgonavisに対する思いを伺った。   『それが出来た暁にはすごく面白い唯一無二のものができるかな』 ―Argonavis 1st Album『Starry Line』発売おめでとうございます。  まずは率直な感想をお聞かせください。 アニメ終了後にこういった形で1st Albumを発売できてすごく嬉しいです。リアルライブで歌っていた曲もアニメの中で使われている曲も入っていて、今までの活動やお客さんの応援が詰まっているので、自分的にもすごく思い入れのある1枚になりました。 あとは普通に活動していたら到底お会いできないような方々に曲を作ってもらったので、それを「ARGONAVIS from BanG Dream!」という作品を通して皆さんにお届けできることができてすごく光栄です。 ―2018年始動からここに至るまで約2年経ちますが、ここまでの活動で何が特に印象に残っていますか? 「Argonavis 0-2nd LIVE -始動-」で僕は登場させていただいたんですが、最初にアカペラで『Butter-Fly』を歌わせていただいたときの光景は今でも鮮明に覚えています。ナビ(※ナビゲーター。「ARGONAVIS from BanG Dream!」ファンの名称)の皆さんがどんな反応をするのか分からず出て行ったんですけど、初めましての方が全員っていう状況でもメチャメチャあったかく受け入れてくれて、そのときにこの「ARGONAVIS from BanG Dream!」というプロジェクトだったりバンドっていうものをどこまでも突き進めていきたいっていう気持ちが改めて固まりました。 それからだんだんメンバーが揃っていって、「BanG Dream! Argonavis 1st LIVE」で最初から5人でステージへ出られたのがすごく嬉しかったです。 このプロジェクトは声優がリアルライブをやるっていうコンセプトなんですけど、Argonavisには元から声優をされている方もいれば舞台俳優をやってきた方もいて、自分とひゅーすけ(Gt.五稜結人役、日向大輔)みたいに今まで音楽活動をしていた人もいる。でも、そんなばらばらの経歴を持った人たちがひとつのバンドとしてみなさんの前に立てるというのが魅力だと思っています。それは普通のバンドじゃできないことだと思いますし、それだけ視野が広いということなのでお互いの違いを認め合って磨いていきたいと思っています。それが出来た暁にはすごく面白い唯一無二のものができるかなっていう予感を1st LIVEですごく感じていました。 ―それではアルバムの曲を一曲ずつご紹介いただけますでしょうか。 【1.Starry Line】(作詞:中村 航・田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)、作曲:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)・栁舘周平、編曲:栁舘周平) 初めて聴いたときの印象は、とても壮大なイメージでした。アルバムのタイトルになっているこの『Starry Line』がここまでの集大成だなって、音楽からも強く感じました。 アニメで七星 蓮くんが航海に手伝ってもらいながら初めて歌詞を書いたんですが、その歌詞が本当に等身大で。「仲間の存在があるから僕がいる」っていうArgonavisと七星 蓮がそのまま詰まった曲だと思っています。 レコーディングのときもメンバーとキャラクターの気持ちを大事にしつつ、ここまでの活動をここに込めようと思って歌ったので、自分としてもひとつの区切りというか、セーブポイントのような曲ですね。『星がはじまる』の後に録らせてもらったんですけど、また田淵さんが手がけた曲を歌わせていただけるにあたって、Argonavisを掛け合わせたときの魅力ってなんだろうっていうのを改めて考えながら歌わせていただきました。 【2.Steady Goes!】(作詞:中村 航、作曲:廣澤優也(HANO)・青木宏憲(HANO)、編曲:廣澤優也(HANO)、青木宏憲(HANO)) 『Steady Goes!』は元々ベースの前ちゃん(Ba.的場航海役、前田誠二)がボーカルとして歌っていた曲です。そのときはメンバーが3人で、自分が入ってキーが変わって、歌詞も変わって……という点がすっごくバンドっぽくて、今までの積み重ねや2年近い歴史みたいなものをこの曲に感じます。最初の方から知っている方にとってもそうかなと思いますし、最近僕たちのことを知ってくれた方にもその変化も楽しんでいただけたらと思います。(『Starry Line』Blu-ray付生産限定盤封入特典の)ライナーノーツブックレットにも書いたんですけど、「君となら 星屑の尾も つかめるかな」から「つかめるから」になっていたりだとか、こうやって変わっていったんだなという歩みを感じていただきたいです。 【3.星がはじまる】(作詞:中村 航・田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)、作曲:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)、編曲:渡辺拓也) この曲も『Starry Line』と一緒で田淵さんに書いていただいたんですが、レコーディングのときに「歌をもう一回やりたいです」ってお願いをした曲です。それだけ歌い方に悩んで、悩んだ分良くなったのですごく思い入れがあります。アニメのオープニングになっているので覚えてくださっている皆さんも多いと思うんですけど、オープニング映像のモーションキャプチャーもやらせていただいて、ライブとの動きのリンクをすごく意識しました。 あと練習のときに音楽プロデューサーに「この曲をとにかく死ぬほど練習して」って言われ続けてる曲なんですよ。それだけ大事な曲だし、音も細かいので楽器隊の難易度もすごく高い曲だけど、それを余裕でできるようにならなきゃいけない。でも、そのときにまたワンステップ上がれると思うので、本当に自分たちを成長させてくれる曲ですね。だから歌詞の「諦める運命じゃないよね」っていうことを伝えるのを大切にしています。皆さんにもこの言葉を伝えてるんだけど、自分たちにも言い聞かせてる気持ちでいつもやってますね。 【4.ゴールライン】(作詞:中村 航、渡辺拓也、作曲:渡辺拓也、編曲:渡辺拓也) たぶんライブで一番歌っていて、本当に最初に比べて自分たちの曲になったなとすごく実感する曲です。渡辺拓也さんが曲を書いてくださっているんですが、渡辺拓也さんとArgonavis5人の相性って最強だと思ってるんですよ。めっちゃ「誰目線?」って感じだと思うんですけど(笑) 「これがArgonavisだよな」みたいな感じがいまの自分の中にあるんですが、はじめのレコーディングのときはそんなこと思えていなくて、しっかり歌いたいって思うばかりでした。でも、やればやるほど自分たちのものになってきているな、なんてすごく思っています。あと最初は「高い曲だな」と思って、1st Singleらしく必死さみたいなものが入っていたんですけど、やっていくうちに歌も慣れてきたり、メンバーの音が聞こえてきたり、どんどん合っていきました。やっぱり自分たちにとって1st Singleって特別だなとも思いますし、本当にずっと歌い続けていきたいという思い入れがすごくありますね。 あとは森嶋さん(Key.桔梗凛生役、森嶋秀太)の歌う2番のBメロとかもすごく好きだし、アコースティックのときはひゅーすけも歌ってくれるんですけど、5人が歌えるArgonavisの魅力が出た、自分たちを活かしてくれる曲ですし、ライブでも一体感を生んでくれる本当に素晴らしい曲だなと思っています。 以降の記事は、ブシロードミュージックパスポートにて会員登録(無料)をするとご覧いただけます。 Argonavis 1st Album『Starry Line』 ブシロードEC SHOP:https://bushiroad-ecshop.com/item/view/BRMM-10286 配信URL:https://lnk.to/starrylinehp

2020年08月12日

音楽配信

Argonavis「Starry Line」配信スタート!ツイートいただいた方に抽選でキャストサイン入りアクリルスタンドをプレゼント!

Argonavis「Starry Line」 8月12日(水)~、各音楽配信サイトにて配信スタート!   配信サイト一覧はこちら! https://lnk.to/starrylinehp   さらに、「Starry Line」収録曲を音楽配信サイトで再生およびツイートいただいた方の中から、抽選で5名様にArgonavisキャストサイン入りアクリルスタンドをプレゼント! 応募方法をよく読んでツイートしてくださいね。 ・応募期間 2020年8月12日(水)~8月25日(火)23:59 ・プレゼント内容とハッシュタグ一覧 ・応募方法 (1)ブシロードミュージックTwitter公式アカウント(@BUSHIM_ ongaku)と、ARGONAVIS from BanG Dream!Twitter公式アカウント(@ARGONAVIS_info)をフォロー。 (2)Argonavis「Starry Line」収録曲を各音楽配信サイトでダウンロードもしくはサブスクサイトで再生する。 (3)再生画面をスクリーンショットする。 (4)Twitterにスクリーンショット画像を添付して、ハッシュタグ「#StarryLine_NowPlaying」と、ほしいアクリルスタンドのキャラクター名のハッシュタグを付けて投稿する。※例えば「七星 蓮」のアクリルスタンドがほしい場合は、『#StarryLine_NowPlaying #七星 蓮』と付けてツイートする。 楽曲の感想などあわせてツイートすると当選確率がアップするかも…!? ・対象楽曲 Argonavis「Starry Line」収録曲 ・対象配信サイト Argonavis「Starry Line」が配信されている全てのダウンロード・サブスクサイト ・当選発表 (1)抽選で5名の当選者を決定いたします。(2) ご当選された方のみ、ブシロードミュージック公式アカウント(@BUSHIM_ongaku)よりダイレクトメッセージをお送りさせていただきます。(3)当選者の方へは、Twitterのダイレクトメッセージにて2020年10月までに当選者入力専用フォームをお送りいたします。フォームに賞品の受け取りに関する情報を入力してください。※フォームへの入力間違いがあると賞品をお届けできず、当選を無効とさせていただく場合がございますので、入力情報はよくお確かめの上、ご記入をお願いいたします。※指定の期日までに必要事項をご入力いただけない場合は、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。 ・応募条件 ・ ARGONAVIS from BanG Dream!Twitter公式アカウント(@ARGONAVIS_info) 、ブシロードミュージックTwitter公式アカウント(@BUSHIM_ongaku)をフォローしている方・Twitterのアカウントを持っている方※鍵付き(非公開)アカウントは対象外となります。・日本国内に在住されている方・下記注意事項に同意いただける方 ・応募に関する注意事項 ※お一人様何件でもご投稿いただけますが、お一人様につき1賞品の当選になります。重複して当選する場合はございませんので予めご了承ください。※キャンペーン期間中にフォローおよびツイートを取り消された場合は、応募が無効となりますのでご注意ください。※当選の権利及び賞品を別の方へ譲渡、転売することは認めておりません。※お届け先情報の不備またはご当選者様の都合(不在、転居等)で賞品をお届けできない場合、当選の権利は無効となります。※応募や当選等の状況に関するお問い合わせには一切お答え致しかねます。 ・個人情報について 株式会社ブシロードミュージックは本キャンペーンを通じて提供されたお客様の個人情報を当選発表の連絡と当選賞品の発送にのみ使用いたします。お客様の個人情報をお客様の同意無しに第三者に開示・提供することはありません。

プロフィール

様々なメディアミックスを展開する“BanG Dream!(バンドリ!)”発のボーイズバンド。Vo.伊藤昌弘(七星 蓮役)、Gt.日向大輔(五稜結人役)、Ba.前田誠二(的場航海役)、Key.森嶋秀太(桔梗凛生役)、Dr.橋本祥平(白石万浬役)。 キャラクターを演じるキャストたち自身も「Argonavis(アルゴナビス)」として生演奏のライブを中心に精力的に活動中。

関連動画